2012年12月31日 (月)

プロ生活17年を振り返る

もう心も身体も闘争心が無くなっていた。

そんな時、相談したのが栗村さんだった。
若手で構成されていたチーム。
エースの座を狙わなくても良かった。
若手を育てる事ができるチーム。
GMも真理の楽しく乗る姿を応援してくれる皆に見せてくれれば良いと言ってくれるほど、緊張感のないチームだった(良い意味で。
もうエース争もしたくなかった。
私にはもう闘争心をむき出しにして、戦う事はできなかった。
若手を蹴散らしてがむしゃらにエースに君臨する事ができなかった。
この時点で、選手として終わってしまったと感じる。
私は2006年から新しいビジョンのもと、選手生活をスタートさせる事になりました。
この続きは、またいつか連載したいと思います。
Cimg1152

|

コメント

シンリさん、この続き☆いつかまたぜひお願いします。
長い年月プロ選手を続けてきて、しかもトップの座に君臨し続けることは誰にも経験できないことたくさんありますよね。(p´□`q)゜o。。
いつのまにか連載小説を読んでる感覚でしたが、あらためてフィクションじゃなく実際の出来事だったんだとしみじみ思います。
来シーズン、新しいチームでの復活を願っていますsign03

投稿: Yury | 2012年12月31日 (月) 06時32分

お疲れさまでした(^^)。
来季も楽しみにしています。

投稿: 渡辺 航 | 2012年12月31日 (月) 07時01分

読み終えての感想ですが、
“スッゲー選手が我らがブリッツェンに来る!”
あららめて“凄さ”を知りました。
今度は赤いジャージ、どこかですれ違うことがあれば、今度は同じジャージだと思うとうれしいです。湘南でまたすれ違えたらと思います。
ブリッツェンボーイズをよろしくお願いします。
…ただのファンなのに偉そうですね、失礼しました。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

投稿: T.Kawarai | 2012年12月31日 (月) 07時39分

真理様
今年一年は色々とあった年とは思いますが来年は初心に帰り
がむしゃらにエースに君臨して下さいね。。
バイクの上で輝いてこそ真理さんですよ!!

投稿: アスキー | 2012年12月31日 (月) 12時08分

真理さん、お疲れ様でした!
読んでいると胸が詰まる、、、
真理さんの今のいろんな思いを来年きっと表現してくれること
いちファンとして願っています。

投稿: み | 2012年12月31日 (月) 19時26分

Yuryさん、ありがとうございます。復活していつか復活シリーズが書けるように頑張りたいと思います(笑。

先生、ありがとうございます!1年間応援ありがとうございました。またサイクリング行きましょう!

T.Kawaraiさん、ファンは偉大です(笑。湘南でお会いしたら一緒に走りましょう!

アスキーさん、強く無くては選手として価値はないと思うので、何とか復活したいですね。私は選手なので・・・。

みさん、そうですね。みんなの力を借りて表現できたら良いなと思います。

投稿: 鈴木真理 | 2012年12月31日 (月) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582373/56366818

この記事へのトラックバック一覧です: プロ生活17年を振り返る: