2012年9月25日 (火)

プロ生活17年を振り返る

私は二十歳の時、その時が来た。

95年広島での国体だった。

ブリヂストンから来年うちで走らないとお誘い受けプロデビュー。

私が考えるプロとは、給料を選手として稼げるようになったらプロと考える。

96年念願のプロ選手となる。

当時は社員としての入社だった。

同期は福島晋一選手(フグ)。

あずみのから一緒に移籍。

そして浅田顕監督との出会い。

96年はまだ選手兼監督だった浅田さん。

今となっては一緒に練習した事のある選手は私とフグぐらいか(笑。

当時は浅田さんが組む練習メニューをこなす。

そして初の合宿に参加。

|

コメント

 COGにメンバー登録をしているMr.Cyclingfanと申します。
 真理選手のブログ毎日楽しみに読ませていただいています。
 先日のツールド北海道の最終ステージで小室選手の熱い走りと笑顔に感動させられました。
 私はCAAD10購入が今年の春で、COGメンバー登録が今年6月という新参者ですが、CANNONDALEの熱烈なバイクファンとして、これからSPACE ZEROPOINTチームを精一杯応援させていただきます!!
 リハビリは大変だと思いますが、来年のツールド北海道では真理選手が表彰台に立つ姿を是非見せてください!!北の大地より1日も早い復帰を強く強く願っています。

投稿: Mr.Cyclingfan | 2012年9月25日 (火) 12時03分

昨日のブログを読んで・・・・
真理さんがお父さんにアドバイスを貰っているように、いま頑張っている選手の中の多くが、真理さんから直接そして間接にアドバイスして貰いたいと思っている事と思います。
今色々な面で、危機感を持っている日本のロード界、それを牽引していくのは、ブリッツェンやシマノのトップ選手ではないと思います。 それらの選手達は、もっともっと自分の技術を磨き、世界との差をつめる為の努力をしていってほしいです。 今のレースやロード界を影で引っ張り、トップ選手を思い切り走らせてあげる事が出来る人は、今なお現役で頑張っている晋一さんや、そして今は離脱していましが真理さんの役目だと思います。

真理さん!! 低迷しているロード界、レースを仕切り盛り上げていく役目がまだまだ待っていますよ!
真理さんの迷い、本当に切実な事ですね。 家庭を持ち生活をしていくのは本当に大変な事です。 考えると掛けてあげれる言葉も無いです。 でも今まで歩んできた自転車の道、真理さんを必要としている人達と、応援してくれているご家族の為、もう少し頑張って下さい!
 後悔すること、一番辛いことです!

真理さんに手助けしてくれる人達、きっと現れて来てくれるでしょうから☆

(長々とごめんなさい。ブログ拝見してじっとしておれず、思わず書いてしまいました笑  これだけは…人生の節目はまだまだ先ですからね☆)

投稿: ikenuma | 2012年9月25日 (火) 12時06分

Mr.Cyclingfanさん、今年は北海道に行けなくて残念でした。9月の北海道は気候も良く大好きです。COGのレーサージャージがカッコ良くて好きなんですよね~。

ikenumaさん、フグはチームを作りしっかり若い選手を生み出してますね。私もこれからの選手の為に何かを残して行きたいと考えてます。日本の活動、海外の活動、全て大切な活動。先ず私に出来る事は日本の活動をしっかりさせる事。海外は海外経験が豊富な方に選手を送れるようにした方が選手が遠回りしなくて良いと思います。育てた選手が一番良い方向へ行けるように考えて上げれるようにアドバイスしていきたいと思います。

投稿: 鈴木真理 | 2012年9月25日 (火) 17時19分

真理さん、今年の北海道は「ここホントに北海道??」と思うぐらいめちゃめちゃ暑かったです。(雨降った2日目の朝は寒かったですが、それでも昼間はめちゃ暑)
私もグッタリだったので、選手やスタッフの皆さんはもっと大変だったと思います。

・・・多分、真理さんがいらっしゃらなかったから、天候も意地悪したのでしょう。

来年は快適な北海道へ!

投稿: yuki | 2012年9月25日 (火) 18時03分

yukiさん、暑かったんですね。寒い北海道はまた地獄なので、来年も暑くなって欲しいですね。快適が一番ですが・・・。雨が一番嫌いです。片付けが大変だから・・・。

投稿: 鈴木真理 | 2012年9月25日 (火) 19時28分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ生活17年を振り返る: