2012年9月19日 (水)

自転車にはまった少年

所持金数円の若者達。

河津から海沿い北上。

ここからの道のりは厳しいものだった。

お腹も減っている。

足は痛い。

眠い・・・。

海沿いの帰り道、ほとんど大学生に引いてもらう程、体力が残っていなかった。

タイヤの後輪を見ながら残りの時間を耐える。

伊東→宇佐美→熱海→湯河原までも区間は記憶が薄い・・・。

湯河原に着いて、家に後1時間でつくからと一報を入れたのを凄く覚えている。

この時点で夜の10時だった。

あともう少しだと考えながら真鶴→小田原区間を走る少年。

大学生に連れられて何とか家に着いた。

11時をまわっていた。

疲れ果てていた。

スタートして18時間以上がたっていた。

走行距離は340キロだった。

到着後はすぐに寝たか?

その時間帯の記憶がほとんど無い・・・。

そして次の日、どうにもならない程・・・。

|

コメント

私も高校時代、自転車で遠出して計画より遥かに遠くに行ってしまって、所持金が尽きて、ヘロヘロになって帰った記憶があります
友達と数十円のお金を出し合い、粉末のジュースを買って、店のオバちゃんに水を分けてもらってジュースを作り分けあって凌いだような気がします

今思えば完全にハンガーノックでしたね。
それでも帰りつけたのは若さゆえか

今となっては懐かしい思い出です

投稿: すばる | 2012年9月19日 (水) 18時53分

こんばんは、練習に向かって思いがけない話
昔?を思い出しました!! 
高校生位だと、今日は何故かだるいな~と思っていても、
何も無い夏休み期間中自転車しか無い(今となっては勉強が有るだろう~と思うが)
練習に行くと、何時もと違うお財布・・・
お腹がペコペコ・・踏めない・・・ボーっとする・・・
当時はボトルの中は水・・・
背中に入れてた財布は何十円!!
コンビニに入ってお腹にたまる物・・・
買えたのは ビスコ!!
一枚一枚 何キロおきに、残り40kmを走ったのを
久しぶりに思い出しました!!
今思えば、馬鹿みたいな思い出を思い出しました!!

投稿: Jrの父? | 2012年9月19日 (水) 20時59分

すばるさん、無茶した時こそ、いつまでも懐かしい思い出として残るんですよね。

Jrの父?さん、そう言われると昔よくハンガーノックになったな~。食べるの忘れちゃうぐらい楽しかったんでしょうね。

昔してきた楽しい自転車ライフをいつか皆にも提供したいと思います。

投稿: 鈴木真理 | 2012年9月20日 (木) 08時45分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車にはまった少年: