2012年9月13日 (木)

自転車にはまった少年

集団後方から前方へ、格好つけて上がった少年。

この時点で、酸欠気味。

しかし、調子が良かったのかすぐに回復した。

高校2年生の時は、自分の身体も把握してなかった。

しかも自分にあった調整方法も確立されてなかった。

たまたま調子が良かったのだ・・・。

そして、集団からチームのエースが動いた!

確か2人で永遠逃げる。

後ろの集団は決して遅くないのにタイム差が広がる。

少年はそんなエースを凄いと思いつつ、敵チームに凄いだろ~と鼻高々だった。

何とも恥ずかしい話だ。

自分がもっと強くなれよみたいな・・・。

でも、当時はそんなエースが誇りだった。

そしてゴールが近づくにつれタイム差が・・・。

アタックに反応しつつ、足をためる少年。

第二集団も20人いなくなってた。

そこにしっかり少年も残ってる。

前年リタイアした少年が、今年は優勝争いを繰り広げるのか?

|

コメント

エースが誇り・・・誇りと思えるエース・・・だから光るアシスト・・・。
そう思いあえるチームメンバーの中で走れてる選手は幸せだと思います♪

さあシンリ〜少年の終盤のレース展開は〜!!! うひゃ〜!楽しみ〜♪

投稿: まんまママ | 2012年9月13日 (木) 08時51分

まんまママさん、私が良いチームの条件の一つとしてあげるのが、皆が尊敬(認めあえる)しあえるチーム。そうすれば目標に向かって一つになれるのではと考えます。少年時代はそんな事考えた事もありませんでしたが・・・。

投稿: 鈴木真理 | 2012年9月13日 (木) 11時09分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車にはまった少年: