2012年8月20日 (月)

自転車にはまった少年

久々に連載スタートしたいと思います。

前のストーリーは高校1年生だった私が初実業団レースに参加。

群馬で150キロで行われた。

実業団選手に食らいつく高校1年生。

最終周、なんとか食らいつくが、足が攣り、集団から遅れて54位でゴール。

初実業団でトッププロに付いて行く楽しみ、成績表を見ると、55位に当時国内屈指の強さを誇っていたBSの鈴木光弘さんより前にゴールした事で、結構嬉しかった事を思い出す。

そして練習方法や調整方法に無知だった少年。

初実業団レース前の調整が今では考えられない大ざっぱな調整でレースに挑んでいた。

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車にはまった少年: