2012年8月 5日 (日)

自転車にはまった少年

高校1年生、実業団初レースは東日本実業団。

開催場所は群馬CSC。

距離は150キロ。

今のようにクラスわけが無かったので約200人の選手が一斉にスタートラインに並ぶ。

その中には、日本のトップレーサーも沢山いました。

私が当時憧れてたチームはニッポ(ニッポン舗道)でした。

大門宏(現ニッポ監督)、清野慶太さん、大野直志さん・・・。

高校一年生の私から見たら、憧れの選手達。

このレースでは無かったが、勇気をもって一緒に写真をとってもらったのが、この写真。

Cimg1124当時ニッポン舗道に所属していた清野慶太さんとの一枚。キャップを頂きそのキャップを毎日眺める日々・・・。使うのがもったなくて使えませんでした・・・。

そんな純粋?な少年だった私は、もちろん実業団レースでも自信アリアリでスタートラインに立ちました。

そしてスタートです!


|

コメント

や~懐かしいですね
大門さんに清野さん、大野さん。
当時最強軍団でしたね。
ボスコも強かったなぁ
憧れでした。

当時は雑誌で見るのみでした。
今はWebでも見られるから幸せですね。
ブログもあるし

投稿: すばる | 2012年8月 5日 (日) 23時18分

すばるさん、当時ネットがあれば、面白かったんですがね。市川さんの海外活動も知る事ができたのに・・・。

投稿: 鈴木真理 | 2012年8月 7日 (火) 16時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車にはまった少年: