2012年8月31日 (金)

自転車にはまった少年

20年前はジャージを作るっていっても簡単な事では無かった。

今では一枚からオーダーでき値段もリーズナブルになりましたが・・・。

少年時代は値段も高く、何十枚以上じゃないとオーダーできなかった。

でもジャージにチームネイムを入れてカッコよく揃えたい。

その頃、プリント屋さんを経営している知り合いにジャージにもプリントできるか聞いてみる。

一枚ジャージを持って行き見てもらうと、OKが出る。

デザインを考える。

出来上がった事を考えると、ワクワクして楽しかった事を思い出す。

実業団レースはジャージに名前を入れる際、規則があり、入れれる場所が決まっていた。

真っ白のジャージにATLANTAと前後に入れる。

胸と胸上には88年ツールで描かれていた山の絵をパクリ入れた。

長袖ジャージも作った。

手からヒジにかけての場所にはネイムを入れてはダメでしたが、もちろんカッコいいから入れちゃいました。今見てもかなり格好良い思います。

腕にチーム名が入ったジャージは当時では少なく、練習ではそのジャージを着て、俺格好良いだろと思いながらいつも練習してました。誰も見てないのに・・・。

その頃、目立ちたいが為にヘルメットにも小細工を入れる。

|

コメント

ヘルメットって小細工でした?(笑)

なんかすごいヘルメットだったような気が…(詳しくは覚えていないんだけどw)

投稿: !!! | 2012年8月31日 (金) 06時18分

!!!さん、目立つ為にやってみました(笑

投稿: 鈴木真理 | 2012年8月31日 (金) 11時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車にはまった少年: