2012年8月 2日 (木)

自転車にはまった少年

練習と言うサイクリングを楽しむ日々。

中学3年生だった少年はついにライバルを倒す事に・・・。

大会は静岡県の嬬恋リゾート。

クラスはチャンピオンクラス(最上級)にエントリー。

当時無敵を誇っていた中学生や同級生、先輩方もエントリー。

走った感想は、同級生や先輩方が一緒だったので、練習と変わらない感じだった。

違う点は、レースならではの緊張感。

ペースは中学生クラスよりはるかに速いが、先輩方との練習の方がはるかにキツイ。

最後はスプリントになり、1位はその後競輪選手になった選手。

2位は石井雅史さん。チームメイト。

そして私は3位と中学生で表彰台をゲット。

またまた鼻が伸びる少年(笑。

そして無敵を誇っていた中学生は4位と初めて彼より順位を上げる事ができた。

そして同級生も初めて超える事ができた。

その後、同級生はこれを最後にロードレースにでなくなってしまったが、競輪の道へ。

今も競輪選手を続けてます。

そして高校進学ですが、安易な考えで高校を選択・・・。

|

コメント

中三で既にチャンピオンクラスで3位
同級生の方も表彰台
黄金世代だったんですね

ライバルやチームメイトと競い合った日々が、今の真理さんの原形を形成したんですね。
環境は大事ですね

投稿: すばる | 2012年8月 2日 (木) 23時31分

すばるさん、練習環境と仲間は本当に大事だと思います。海外トップ選手も環境が良い所に住んで、仲間と一緒に練習してますからね。

投稿: 鈴木真理 | 2012年8月 3日 (金) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車にはまった少年: