2012年5月20日 (日)

堺ステージ

午前中は前座レースクリテリウムでしたが、cannondaleチームはもちろんマジ狙いで走りました。

お客さんがこんだけ集まる大会は、日本でも数える程しかないので、アピールする場としては絶好のチャンス。

頑張らない訳にはいかないので、個々の走りを皆さんに見て頂く為に攻める作戦でした。

ラスト5周過ぎて、チャンピオンシステムの選手がアタック。すかさず反応して、2人の逃げが決まる。

流石に2人だとキツイ。3人いたら逃げ切れたかもですね(泣。

40秒交代ぐらいで、長く引きながらお互い助け合いながら逃げる。

チャンピオンシステムは私達のスポンサーでもあり、今回ブースも出していたので、逃げてアピールする作戦だったのであろう。

チャンピオンシステムのブースを見てみると

006総合リーダーになると胸にチーム名を入れるんですが、普通ならアイロンプリントなんですが、チャンピオンシステムはその場でジャージにプリントする機械をもってるので、表彰の時にその場でチーム名を入れる事が出来るし、レース中もゴワゴワジャージがしないから良いんですよね。

因みに数百万する機械らしいです・・・。

そしてレースもラスト1周になり後ろを見ると、集団が・・・。

せっかくここまで逃げたのだから、気合でもう一度アタックして一人旅。

セオリー通りラスト1キロで捕まり終了。

しかし小室さんと高田選手がスプリントに参戦してくれたので良かったです。

前座レースで全て出し切ってしまい酸欠になり、一度ホテルに戻り、熱いシャワーを浴びて酸欠になった身体にムチを入れて、もう一度会場入り。

そしてTTスタート。


|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 堺ステージ: